自分の土地はいくら?景気によって値段の変わる土地の値段

土地は景気によって値段が変わってしまう?自分の土地は果たしていくらの値がつくのか? - 自分の土地はいくら?景気によって値段の変わる土地の値段

自分の土地はいくら?景気によって値段の変わる土地の値段

直ぐに売却したい人ではなくても、自分の所有地はいくらなのか、査定してみたいですね。またいつが売買に適した時なのか。景気によっても状況が変わります。そこで土地の値段にまつわる話を聞いてみたくはないですか。

土地の値段には種類がある

土地の値段とは言いますが、目的によって様々な種類があります。例えば直接的な売買には関係しませんが、相続税などの税額算定上に不可欠なのは国税庁が公表する路線価額です。固定資産税に関しては市町村が決める固定資産税評価額があります。
一方で都道府県が土地を買い取る際の目安にするのが基準地価です。そしていわゆる土地の査定に用いられる基準と考えられているのは、国土交通省が公表する公示価格です。
なお実際の売買で使われる金額は、実勢価格と呼ばれます。

実勢価格はどうやって決まるのか

実勢価格はどうやって決まるのでしょうか。もちろん公示価格などをスタートラインとして定めます。そして近隣における類似の取引事例を参考にします。さらに地域的な将来リスクもしくは可能性を加味して判断していきます。
多くの人は、不動産屋などの言い値に従っているかもしれません。とはいえ商売は駆け引きです。お互いにどれだけ情報を持っているか、それも大きいですね。
不動産屋は、顧客として買いたい人がいるからこそ、値段を決めていきます。できるだけ安く買いたいですね。ならばこちらも、内心の焦りを隠して、じりじりと値段を上げていくべきでしょう。そうした条件闘争こそが、最終的な勝負の鍵になります。
最初の査定も含めて、見積もりなどは複数の業者からもらいましょう。そうやって相手を競わせることも、売却時には利用したい手法です。

土地の値段は経済原則で変わる

土地の売買に際して、考えおきたいことがあります。つまり土地は、経済的に考えれば稀少財ということです。数量が決まっています。基本的に増やしたり減らしたりできません。日本の国土、それも平地の面積が限られているからです。
言い換えるなら、土地を持っている人が有利です。それを基にして、あとは買い手と売り手の数、強さによって実勢価格が決まります。欲しい人が多ければ、値段は上がるし、売りたい人が多ければ、値段は下がります。これは一般的な経済原則です。

土地の値段を決める具体的な条件は何か

具体的に土地の値段を決める条件は何でしょうか。自分で考えてみればわかりますね。住みやすい、使いやすいかどうかです。
住宅地であれば、駅に近いのか。そこはターミナル駅か、急行などが停車するのか。本線なのか支線なのか。なお路線の終点であれば、始発便になるため座って通勤できる!メリットが生まれます。
駅までも徒歩で行けますか。バスはありますか。スーパーや子供が通う学校は近いでしょうか。大きな道はありますか。坂道はないでしょうね。自家用車は通れますか。逆に消防車や引越しトラックなどは入れますか。
面積や形も重要です。広ければ分割することができます。しかし地域によって最低敷地面積が決められているケースも稀ではありません。さらに三角地などであれば、どうやって活用できるでしょうか。提案力も求められそうです。

土地の値段は景気によって変動する

土地の値段は、大きな流れで捉えれば、景気によって変動していくものです。バブル期までは、上昇する一方でした。しかしその後の景気後退期では、低下傾向を示しています。とはいえ下がり続けることもありません。次には必ず上昇期が来るはずです。
細かい土地の状況を整備することも重要ですが、売り時を考える上では、景気の流れを読む力も不可欠です。景気が上向いていれば、必然的に地価は上がります。

知っておきましょう

tjytkd
不動産の売買を生業にしている人以外なら、土地売却は一大イベントです。景気の流れや土地の条件など見定めて成功させたいですね。そのためには土地の値段が決まる仕組みについて知っておきましょう。

土地売却情報
Copyright(C)2016 自分の土地はいくら?景気によって値段の変わる土地の値段 All Rights Reserved.